きものでおでかけ

IMG_6521
某雑誌の編集者に送ったサンプル画像ですが
病み上がりで犬を追い払えず(トホホ)
もはやインテリアメインではなく犬メインという切なさ。
カメラを向けると無駄に寄ってくるって一体。

さて昨日はきものの着付けを習っている
サロンドニッコーのくみさんと
「絶対に写りたくない」という友人が
鹿沼の新鮮野菜を抱えて訪ねてきてくれました。
幸せなことにくみさんにきものを着付けていただき
おいしいものを食べ、出向き、お喋りして
丸一日、有意義なひとときを過ごしました。

IMG_2443
友人達をリビングに通し
梅紋角二段重に小ぶりのみかんを入れて
お茶と共にハイ、どうぞー。

IMG_6628
お昼は宇都宮岩曽町にあるル・プライエへ。
フランス人のブノワさんのつくる
料理とデザートと堪能してきました。
こちらは牛テールの赤ワイン煮込み。

IMG_6625
鴨のチョコレートソース添え。
ほろ苦いチョコソースが絶妙。
すぐ隣でブノワさんが調理しているので
お喋りしながら楽しいひとときは過ぎてゆきます。

IMG_6626
ビーフストロガノフ、ソースをバゲットに
からめて食べるこの喜びよ(回想)

IMG_6648
その後、雑貨店キナルへ足を運びました。
オーナーの岩佐さんともお会いでき
短い時間ではありましたがお話できてよかった。

行く先々できものの話になりましたが
あれほど遠い存在だったきものに
これほどまでに心を鷲掴みにされるとは
思いもしませんでした。

祖母が遺してくれた大島紬を着ていると
柔らかく包まれているような安心感と共に
守られていた懐かしい時代を思い出します。

昔の人は「きものに選ばれる」とよく言ったそうですが
私もこのきものに選ばれたのかもしれません。
「人生はいつもタイミングとバランスで成り立っている
どんな出来事も、偶然なようでいて必然的なのだ」
友人と話しながらそんな風に思いました。

 

Diary

« »